売上げアップのディスプレイって?

成功するディスプレイ、空間設計のポイント


ディスプレイのポイント
空間づくりのポイント


買いたくなる!売れるディスプレイとは?

入店してくれるお客様はいるのに、購買につながらない」「入店してもすぐに帰られてしまう」

このようなケースでは、もしかしたら商品ディスプレイに問題があるのかもしれません。
以下では、来店客が快適に買い物ができる商品ディスプレイのポイントをご紹介します。ぜひ参考にしてください。

ポイント1 定数、定量の理解

ポイント1 定数、定量の理解

店舗の業態、規模によって什器や商品の適切な数量が違ってきます。高級感重視か、あるいはボリューム感か、お店のコンセプトだけでなく、選びやすさや店内の見通しも考慮して陳列することが重要です。

ポイント2 ターゲットの違いは目線の違い

ポイント2 ターゲットの違いは目線の違い

メインターゲットの顧客目線を考慮します。男性、女性、子供と、目線の高さは違ってきます。また、左右、上下の視界範囲の確認も重要です。売りたい商品を陳列棚のどの範囲におくかで売り上げに大きく影響してきます。

ポイント3 POPは物言わぬ定員

ポイント3 POPは物言わぬ定員

POPは、商品の説明だけでなく、「欲しい」と思わせるためのアピールをしてくれる 強力なデモンストレーターでもあります。ただ商品のそばに設置するだけでなく、 デザイン、適切な量、大きさ、設置場所、文章の長さなど、ルールやコツがあります。

センス&セオリーでは、内装・ディスプレイ・レイアウトのアドバイスを行っています。店舗づくりにお困りの方には、店舗診断から行い現状の店舗の問題点を抽出させていただきます。まずはお気軽にお問合せください。

プロによる店舗診断

「店内をくまなく回遊してもらう」売り場とは?

ポイント1 顧客を引き寄せるマグネット売り場

ポイント1 顧客を引き寄せるマグネット売り場

マグネット売り場とは、店内のお客様を注目させ、文字通り磁石のように引き付ける売り場のことです。お店のどの部分が最も注目されやすいか、そこをどのように魅力的に目立たせるか、客導線も考えながら設置することがポイントです。

ポイント2 お客様も目線も通りやすく

ポイント2 お客様も目線も通りやすく

快適な売り場の必須条件は空間づくりです。通路幅や什器の高さなど、顧客にとって最適な寸法を考慮するほかに、デッドスペースをつくらないよう考えながらレイアウトをしなくてはなりません。

ポイント3 入りたくなるお店とは?

ポイント3 入りたくなるお店とは?

お客様が店頭で立ち止り、入店するには期待感を抱かせることが大切な要素です。それには店内の居心地の良さを店の外に向けてアピールすることが大切です。

自分のお店が店頭からどのように見えているかを確認し、また、どのように見せたいか、視覚的にアピールすることが重要です。 

ポイント4 顧客目線の商品分類で滞在時間UP

ポイント4 顧客目線の商品分類で滞在時間UP

商品分類はVMDの基本です。ただ種類ごとに整理整頓するのではなく、 VMD上の分類は、常に顧客目線で考えます。購入時の優先順位や導線を理解して 切り口を見つけ、分類し、また関連性を持たせた陳列方法で、選びやすい売り場になり、また、滞在時間を伸ばすことにもつながります。

センス&セオリーでは、内装・ディスプレイ・レイアウトのアドバイスを行っています。店舗づくりにお困りの方には、店舗診断から行い現状の店舗の問題点を抽出させていただきます。まずはお気軽にお問合せください。

プロによる店舗診断