お客様が買いたくなるポイント

「買いたい!」と思わせる売り場づくりのポイント

お客様に快適にお買い物をしていただくために商品を見やすく、選びやすくディスプレイ・レイアウトすることは大切ですが、ただ商品を整然と並べるのでは「購入していただく」という目的を達成させるのは不十分です。お客様に「買いたい!」と思わせるには興味を引き、思わず商品を手に取ってしまうような仕掛けをしていく必要があるのです。

こちらでは、お客様に「買いたい!」と思わせる売り場の仕掛けをいくつかご紹介します。ぜひ参考にしてください。


手に取ってもらいやすい陳列方法

手に取ってもらいやすい陳列方法

見た目が美しく整っている陳列は、お客様への視覚的な訴求効果があり商品を手に取ってもらいやすくなます。美しく整っている陳列には一定の法則があり、「形」「量」「デザイン」といった要素で分類し整理することで、陳列全体に統一感が生まれ美しく見えます。

商品を魅力的に見せる方法

商品を魅力的に見せる方法

デザイン理論に基づいた美しいディスプレイは注目度が上がり、商品に興味を抱かせます。特に商品特性やターゲット層に合わせたディスプレイは、顧客に強くアピールし、商品購入へと導くことができるでしょう。

パイル・アップ陳列商品を高く積み重ねることによって、立体感とボリューム感があるように見せます。
ウォーターフォール陳列滝が流れるように商品を高いところから並べると、陳列全体に迫力を持たせることができアイキャッチ効果をもたらします。
プッシュ・アウト陳列通常ラインより前面に出したワゴンやゴンドラに訴求したい商品のみを載せて陳列させます。商品の露出度を高めることができます。

売りたい商品を「ほしい」と、思わせるテクニック

売りたい商品を「ほしい」と、思わせるテクニック

季節、ライフスタイルなど、テーマを設定し、それに合ったディスプレイで、コーディネートします。お客様が一目でディスプレイの意味を理解出来、商品の魅力を引き立てるストーリー性のある演出が重要です。

POPで購買へ誘導する方法

POPで購買へ誘導する方法

POPはPoint of purchaseの略であり、本来「購買時点販促」という意味を持ちます。POPは、店舗入口に商品を知らせたり、商品陳列棚の前面で商品購買決定の後押しをしたりと様々な役割を果たします。置き場所それぞれに合わせたイラストや写真、キャッチコピー、説明文をPOPに載せて、購買へ巧みに誘導しましょう。

プロによる店舗診断