VMDとは

なぜ現在(いま)VMD が必要なのか?

VMD(ビジュアル・マーチャンダイジング)とは

  インターネット販売による小売形態が台頭である昨今、顧客と直にコミュニケーション

できるリアル店舗の役割も、あらためて見直されつつあります。

商品の魅力やブランドの世界観を伝えるためには、実店舗はますます重要なコミュニケー

ション要素となっています。

VMD(Visual Marchandising)は、日本語に訳すと「視覚的商品訴求」となります。

視覚や心理効果を最大限に活かし、科学的に売上げを向上させ顧客目線で売り場を改善

する画期的な手法で、簡単に言うと、

消費者が売り場に誘引され、店内を回遊し、商品を選んで理解し、購入するための快適な売り場をつくっていく

ことです。

購買の約90 パーセントは店内で決定すると言われています。と言うことは購買意欲を促進させる効果的な

売り場の演出が、売り上げ向上に大きく影響して来るのです。

日々進化している顧客の価値観や購買行動に対応した売り場づくりが今後ますます必要になってきます。

VMD理論による顧客視点の売り場作り

顧客が商品購入を決定する際には、一連の心理変化・行動

を経てから最終的に購買を決定しているのです。

陳列方法、ゾーニング、ディスプレイ、販促方法等の

具体的なノウハウ

は経営の専門家では分かりません。視覚を最大限に活かし

て訴求するビジュアルマーチャンダイジング(VMD)

は、科学的に集客率や売上げを向上させ、売り場を改善

する画期的な手法です。









顧客視点のディスプレイ・レイアウト

    VMD手法でのディスプレイは

回遊率、誘目性、視認性などを考慮した

「VMD理論」に基づいて制作していきます


▲PAGE TOP