VMDとは

なぜ現在(いま)VMD が必要なのか?

VMD(ビジュアル・マーチャンダイジング)とは

VMD(Visual Marchandising)は、日本語に訳すと「視覚的商品

訴求」となります。

視覚や心理効果を最大限に活かし、科学的に売上げを向上させ顧客目

線で売り場を改善する画期的な手法で、簡単に言うと

消費者が売り場に誘引され、店内を回遊し、商品を選んで理解し、購入するための快適な売り場をつくっていくことです。

購買の約90 パーセントは店内で決定すると言われています。と言うこ

とは購買意欲を促進させる効果的な売り場の演出が、売り上げ向上に

大きく影響して来るのです。

日々進化している顧客の価値観や購買行動に対応した売り場づくりが今後ますます必要になってきます。

顧客の視点に立った売り場づくり

人が商品購入を決定する際には、一定のプロセスを経ています。一連の心理変化・行動を経てから最終的に購買を決定しているのです。

顧客視点のディスプレイ・レイアウト

顧客の購買行動を分析したうえでディスプレイ・レイアウトをつくっていきます。顧客の年齢層や嗜好によって、ディスプレイすべき商品やレイアウトの仕方は違いますので、顧客に喜ばれ選ばれやすい商品を見極めることも重要です。

顧客視点のディスプレイ・レイアウト

まとめ

VMD(ビジュアル・マーチャンダイジング)とは、消費者が売り場に誘引され、店内を回遊し、商品を選んで理解し、購入するための快適な売り場を作っていくことです。顧客が売り場に関心を抱き、売り場を回って商品を選んで理解して購入してもらうための顧客視点の内装・ディスプレイ・レイアウトや陳列を考えましょう。

VMD(ビジュアル・マーチャンダイジング)